借金の減額は債務整理!減額を迫ることができる

取引期間が短い人

弁護士

過払い金が無い人

任意整理は、借金を減額させる手続きですが、減額することができるのは過払い金が発生している人です。グレーゾーン金利である程度の年数取引期間のある人であれば、払い過ぎている利息が多いため減額できる根拠としては十分です。では、取引期間が短い人では過払い金が発生していないので任意整理をしてもあまり効果はないと感じている人もいるかと思いますが、それでも任意整理をするメリットはあります。それは、将来利息のカットです。任意整理は将来利息をカットして3年〜5年で返済をしていく手続きです。減額はできなくても今後は利息がかからない形にしてくれるので、例えば100万円の借金がありそれを5年で返していくとなると利息だけでも支払いが何十万円となります。それを同じ5年の返済期間でも任意整理をすることによって利息の支払いを免除してもらえるのでメリットはあるのです。取引期間が短い、ではどのくらい取引期間があったら任意整理をすることができるのかですが、まったく一度も取引せずに行うこともできるのです。新規で50万円借りてその次の日には弁護士のところに駆け込んで任意整理の手続きをする、貸した側にとってはまったく利息収入が入ってこないので大打撃を受けてしまいますが、実際に借りたらすぐに任意整理をする人もいるので、できなくはないのです。ただ、この場合個人で交渉しても応じてくれないのは当たり前ですので、取引期間が短い人は弁護士等の専門家に相談することです。

Copyright© 2018 借金の減額は債務整理!減額を迫ることができる All Rights Reserved.