借金の減額は債務整理!減額を迫ることができる

弁護士に頼むメリット

説明

交渉や手続き代行

債務整理の手続きのひとつに任意整理があるのですが、最も多く利用されている手続きのひとつです。弁護士または司法書士に頼んで手続きを代行してもらうのが一般的なのですが、個人でも行うことができます。個人で行った方が、弁護士費用も発生しないので安価なコストで行えますが、仕事をしながらや借入先が何社もあると一人だけで交渉するのは難しいです。1社だけなら自分で任意整理と思ってしまいますが、どれぐらい減額することができるか、将来利息もカットしてもらうことができるか等は交渉力次第という面もありますので、費用をかけても弁護士に任意整理の依頼をするのがよいです。弁護士に依頼することで、債務者である相談者に代わって債権者である金融機関と交渉してくれるだけでなく、受任通知を発送しますので依頼後は直接債務者本人に督促が行くのをストップさせることができます。精神的なストレスからも解放されますので、後は債権者との和解が成立するまで弁護士からの連絡を待つだけになります。任意整理によって、長期の分割払いをしていくことができます。返済金額がこれまでよりも減るので生活にも余裕が生まれます。そして、将来利息のカットです。これまでどおり返済を継続していると利息がかかりますので、返済しても一体いつになったら支払いが終わるのか分からないといった不安があります。その不安がなくなりますので、生活再建にも目途をつけることができるようになります。

Copyright© 2018 借金の減額は債務整理!減額を迫ることができる All Rights Reserved.