借金の減額は債務整理!減額を迫ることができる

判断基準について

スーツの女性

選択のポイント

任意整理を選ぶ理由として、会社や家族には内緒にしておきたい、なるべく手短に手続きを済ませたい、住宅や車は処分しないでおきたい、そういった理由がありますが、大前提としては返済をしていくことができるかどうかです。任意整理で減額された借金、債務整理に強い法律事務所であれば経過利息と将来利息もカットしてもらえるように交渉をしていきますが、減額後の借金を分割払いにしたとしてそれを支払っていくことができるかどうかです。分割払いにしてくれても支払えないようであれば他の個人再生や自己破産という選択肢も視野にいれなければなりませんので、家族に内緒にしたいなどとは言ってられなくなってしまうのです。任意整理を選択するには、安定した収入があることが前提となってきます。無職であったり、収入が不安定、低収入、支払い原資を用意することが難しいとなると任意整理で手続きをすることができなくなります。ただ、自分の判断では任意整理ができるかどうかは分かりませんから、弁護士に相談をするのが一番です。無料相談で減額後の借金を返済してくことができるかシミュレーションをしてもらうこともできますので、判断する基準となります。実際には取引履歴を取り寄せて引き直し計算をしてみないと正確には分かりませんが、借入額、金利、契約開始時期、限度額、完済歴はあるか等が分かればある程度の見当はつけることができます。正式に任意整理をすることになったら、督促はストップし返済も数ヶ月間ストップします。その間に、お金に余裕ができてから散財するのではなく、支払の準備をしておくことです。

Copyright© 2018 借金の減額は債務整理!減額を迫ることができる All Rights Reserved.