借金の減額は債務整理!減額を迫ることができる

弁護士

取引期間が短い人

借金負担を減らせる手続きの任意整理ですが、取引期間が短いと過払い金が発生していないので減額効果はないです。それでも将来利息はカットすることができますので、取引期間が短い人でも任意整理の手続きをすることができます。

弁護士バッジ

裁判所を通さず交渉

任意整理の将来利息をカットとは、任意整理手続き完了後の借入残高に金利がかからないよにするため、それ以降は利息の支払いは発生しないようにすることができます。減額ができればいいのですが、将来利息カットだけでも返済が楽になります。

ジャッジガベル

経過利息と将来利息

返済額を減額することができるだけでなく利息をカットしてもらうことができるものに任意整理があります。利息には経過利息と将来利息があり、最近の貸金業者は経営体力の問題で将来利息は応じるが経過利息はカットに応じない業者もあるので注意が必要です。

スーツの女性

判断基準について

任意整理を選択する基準は、減額後の借金を返済をすることができるかどうかです。減額され分割で支払えるようになってもそれを3年〜5年で返済するのが難しければ他の選択肢を検討することになります。弁護士に相談をして返済シミュレーションをすることもできます。

説明

弁護士に頼むメリット

弁護士に任意整理の手続きを依頼するメリットは、債権者である金融機関からの督促を停止させることができるので、精神的なストレスからも解放、長期間で減額されて借金を分割で支払うことができ、生活再建にめどを付けることができます。

人気の借金減額法

天秤

手軽に短期間でできる手続

債務整理の中で一番人気のある手続きが任意整理です。自己破産や個人再生だと、住宅を手放さなければならない、手続きに時間がかかる、官報にも名前が掲載される、家族に内緒にしておくことは難しいといった問題がありますが、任意整理であれば裁判所は関与せず貸金業者と直接交渉で減額を迫ることができる手続きです。家族に知られずに手続きができ最短で2ヶ月、長くても6ヶ月程度で終わります。また、弁護士に頼まずに個人で直接交渉して減額をされるという方もいます。その方が、弁護士費用がかからずに安価に手続きをすることができるのですが、個人相手であると貸金業者の中には応じてくれない業者もいるのです。任意整理による交渉は、請求を突き付けられた貸金業者が絶対に応じなければならないというものでもありませんので、借金が減額され尚且つ利息もカットされてしまうことは業者にとって経営を圧迫するためメリットも何もないですから、減額は応じるけれど一括返済してくれるならと強気に出る業者もあります。そのため、業者にある程度メリットも残すように任意整理の交渉をしていかなければならないので、このようなノウハウは借金問題を何百件と解決してきた債務整理に強い弁護士に依頼するのが一番です。すべて個人で行うとなると、仕事をしながら空いている時間に手続きを進めていくのでいつ手続きが終わるか分からないです。弁護士に任意整理を依頼することで、後はすべて代行してくれるので和解成立を待つだけです。

Copyright© 2018 借金の減額は債務整理!減額を迫ることができる All Rights Reserved.